第5回東アジアバスケットボール選手権の試合日程とメンバー!チケット購入方法は?

2017年の6月に開催される第5回東アジアバスケットボール選手権の試合日程、メンバー、チケットの購入方法などをまとめました。この大会は、2017年FIBAアジアカップの予選を兼ねてます。2019年のワールドカップ、2020年の東京オリンピックに日本が出場するための第一歩の大会です。

  • [6/7] 日本が中国を破って3位に!
  • [6/7] チャイニーズタイペイが韓国を破って優勝しました!日本戦は19時からです。
  • [6/6] 日本がチャイニーズタイペイに負けてしまい、3位決定戦になりました。
  • [6/4] 日本がグループA1位で通過しました。
  • [6/3] 日本が78-72で韓国に勝利しました!
  • [5/31] メンバーが発表されました。

スポンサーリンク

第5回東アジアバスケットボール選手権の試合日程

第5回東アジアバスケットボール選手権は、東アジアの6か国が集まって2017年の8月に、レバノンのベイルートで開催されるFIBAアジアカップに出場できる5か国を決める大会です。6か国を2グループに分けます

Aグループは

  • 韓国
  • マカオ
  • 日本

Bグループは、

  • 中国
  • チャイニーズ・タイペイ
  • 香港

です。グループで1回戦総当たりのリーグ戦を行い、上位2か国が決勝トーナメントに上がります。3位同士で5位決定戦を行い、5位以上がFIBAアジアカップに出場します。

Aグループ

  • 6/3 15:00 日本 7872 韓国
  • 6/4 15:00 マカオ 47119 日本
  • 6/5 16:45 韓国 10940 マカオ

Bグループ

  • 6/3 17:15 中国 9663 チャイニーズ・タイペイ
  • 6/4 17:15 香港 6090 中国
  • 6/5 19:00 チャイニーズ・タイペイ 9246 香港

5位決定戦

  • 6/6 14:30 マカオ(A3位)8196 香港(B3位)

準決勝

  • 6/6 16:45 韓国(A2位)106104 中国(B1位)
  • 6/6 19:00 日本(A1位)7376 チャイニーズタイペイ(B2位)

3位決定戦 6/7

  • 19:00 中国 5876 日本  

決勝 6/7

  • 16:45 韓国 6477 チャイニーズ・タイペイ

開催場所は、長野県長野市にある、真島総合スポーツアリーナ(通称:ホワイトリング)です。

スポンサーリンク

第5回東アジアバスケットボール選手権のメンバー

第5回東アジアバスケットボール選手権大会のメンバー12名が発表されました。

ヘッドコーチ ルカ・パヴィチェヴィッチ(JBA)

  • 0 PG 橋本竜馬(三河)
  • 2 PG 富樫勇樹(千葉)
  • 6 SG 比江島慎(三河)
  • 8 C 太田敦也(三遠)
  • 10 C 竹内公輔(栃木)
  • 15 PF 竹内譲次(A東京)
  • 18 SG 馬場雄大(筑波大学4年)
  • 24 SG 田中大貴(A東京)
  • 34 SF 小野龍猛(千葉)
  • 35 PF アイラ・ブラウン(渋谷)
  • 43 C 永吉佑也(川崎)
  • 88 PF 張本天傑(名古屋)

(ポジションは、所属チーム内です)

日本代表はアルゼンチン人のフリオ・ラマス氏が新たなヘッドコーチになることが発表されていますが、今回の東アジア選手権には間に合いません。昨年秋からチームを指導しているJBAテクニカルアドバイザーのルカ・パヴィチェヴィッチ氏がそのまま指揮を執ります。田淵選手がいないのがちょっとさびしいですね。

注目は、馬場雄大選手です。見逃さないでください。

第5回東アジアバスケットボール選手権のチケット購入先

第5回東アジアバスケットボール選手権大会のチケットは、こちらのサイトで一般発売されています。

5月25日の時点ですが、やはり、6月3日と4日は、かなり売れているようです。アリーナ席とスタンド席しか残っていません。早く購入された方がいいと思います。

東アジアバスケットボール選手権の放送予定

東アジアバスケットボール選手権の放送予定です。ライブ中継です。

  • 6/3 14:59 日本ー韓国 BS12
  • 6/3 14:50 日本ー韓国 J SPORTS3
  • 6/4 14:50 マカオー日本 J SPORTS3
  • 6/6 18:50 準決勝、5位決定戦 J SPORTS1
  • 6/7 18:50 決勝、3位決定戦  J SPORTS1

東アジアバスケットボール選手権とは?

東アジアバスケットボール選手権は、2009年から行われている大会です。

  • 2009年 1位韓国 2位日本 3位中国
  • 2011年 1位韓国 2位日本 3位中国
  • 2013年 1位韓国 2位中国 3位日本
  • 2015年 開催中止

この東アジアの地域では、韓国、中国がライバルになると思います。この上の大会のFIBAアジア選手権でも、最近では中国、韓国が上位を占めていますので、初戦の韓国戦をどうするかが、カギになってくると思います。全敗してFIBAアジア選手権に出場できなくなることはないと思いますが、なるべく高い順位で上って行ってもらいたいと思います。

放送予定は、おそらくないと思いますが、長野放送出チケットが発売されますので、もしかしたら、長野県に住んでる方はみることができるかもしれません。分かり次第載せて行きます。

ワールドカップ、オリンピックへの道

2019年のワールドカップと2020年の東京オリンピックへの第一歩となるこのたいかいですが、この後の道筋をまとめておきます。

東アジアバスケットボール選手権で5位以上の国が、2017年8月10日からレバノンで行われるFIBAアジアカップに進みます。16か国中上位14位ヶ国とFIBA推薦2か国の計16か国が、ワールドカップ1次予選に進みます。

2017年の11月から行われるワールドカップ1次予選で、4か国4グループの中の上位3か国が2次予選に進みます。

2018年の9月から行われるワールドカップ二次予選で、12か国中7か国が、2019年8月から行われるFIBAワールドカップに出場します。ぜひとも、出て頂きたいです。

2020年の東京オリンピックには、ワールドカップの成績で、開催国扱いで出ることができました!通常は、ワールドカップのアジア最上位チームか、最終予選で勝ち上がらないとオリンピックには出ることができません。

以上、第5回東アジアバスケットボール選手権の情報でした。

バスケに関するほかの情報

[clink url="nba-1"] [clink url="b-league-4780"] [clink url="b2-56102"] [clink url="tokyoolympics-basketball-42623"]

スポンサーリンク