リオ五輪男子バスケのアメリカ代表メンバーやNBAの各国の代表メンバーは?

リオ五輪の男子バスケの試合が、日本時間の8月6日02:15からついに始まります。初戦は、フランスーオーストラリア戦です。ただ、情報が少ないので、誰が出ているのかチョットわかりにくいです。そこで、リオ五輪男子バスケに出場するアメリカの代表メンバ―と各国代表のNBAのメンバーをまとめました。

スポンサーリンク

アメリカ代表

まずは、肝腎のアメリカ代表を見ていきます。

選手

#4 ジミー・バトラー

  • G-F
  • 身長201cm、体重100kg
  • ブルズ

#5 ケビン・デュラント

  • 身長206cm、体重109kg
  • ウォリアーズ

#6 デアンドレ・ジョーダン

  • 身長211cm、体重120kg
  • クリッパーズ

#7 カイル・ラウリー

  • 身長183cm、体重93kg
  • ラプターズ

#8 ハリソン・バーンズ

  • 身長203cm、体重102kg
  • マーベリックス

#9 デマー・デローザン

  • 身長201cm、体重100kg
  • ラプターズ

#10 カイリー・アービング

  • 191cm、体重88kg
  • キャバリアーズ

#11 クレイ・トンプソン

  • 身長201cm、体重98kg
  • ウォリアーズ

#12 デマーカス・カズンズ

  • 身長211cm、体重122kg
  • キングス

#13 ポール・ジョージ

  • 身長206cm、体重100kg
  • ペイサーズ

#14 ドレイモンド・グリーン

  • 身長201cm、体重104kg
  • ウォリアーズ

#15 カーメロ・アンソニー

  • 身長203cm、体重109kg
  • ニックス

ヘッドコーチ

マイク・シャシェフスキー氏。(デューク大学HC)

コーチKの愛称で知られる大学バスケ界の名将です。

五輪とW杯で、4度の優勝を経験しています。

予想されるスターターは、

  • トンプソン
  • アービング
  • デュラント
  • アンソニー
  • カズンズ

です。楽しみですね。

スポンサーリンク

各国のNBA選手

では、アメリカ以外の国での、NBA選手はどういった方たちが出ているのか、見ていきましょう。

フランス

  • ニコラス・パテュム(ホーネッツ)
  • ジョフリー・ラバーン(ナゲッツ)
  • トニー・パーカー(スパーズ)
  • ボリス・ディーオウ(ジャズ)
  • ルディ・ゴベール(ジャズ)

パーカーとディーオウが注目選手です。

オーストラリア

  • アーロン・ベインズ(ピストンズ)
  • アンドリュー・ボーガット(マーべリックス)
  • マシュー・デラヴェドバ(バックス)
  • ジョー・イングルス(ジャズ)
  • パトリック・ミルズ(スパーズ)

セルビア

  • ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ)

ベネズエラ

  • グレイビス・ヴァスケス(ネッツ)

中国

  • ジョウ・チー(ロケッツ)

スペイン

  • ホセ・カルデロン(レイカーズ)
  • マーク・ガソル(グリズリーズ)
  • パウ・ガソル(スパーズ)
  • ウィリー・エルナンゴメス(ニックス)
  • ニコラ・ミロティッチ(ブルズ)
  • セルヒオ・ロドリゲス(76ers)
  • リッキー・ルビオ(ティンバーウルブズ)

アメリカに次いで、タレントの多いチームです。

アメリカの前に立ちはだかれるかどうか、楽しみです。

アルゼンチン

  • ニコラス・ブルッシーノ(マーベリックス)
  • エマニュエル・ジノビリ(スパーズ)
  • ルイス・スコラ(ネッツ)

リトアニア

  • ミンダウガス・カズミンスカス(ニックス)
  • ドマンタス・サボニス(サンダー)
  • ヨナス・ヴァランチュナス(ラプターズ)

ブラジル

  • リアンドロ・バルボウサ(サンズ)
  • ネネ(ロケッツ)
  • マルセロ・ウェルタス(レイカーズ)
  • ラウル・ネト(ジャズ)
  • アンダーソン・ヴァレジャオ(ウォリアーズ)

クロアチア

  • マリオ・ヘゾニャ(マジック)
  • ダリオ・サリッチ(76ers)
  • ボヤン・ボクダノビッチ(ネッツ)

ナイジェリア

  • アル・ファミク・アミヌ(トレイルブレイザーズ)
  • フェスタス・エジール(トレイルブレイザーズ)
  • マイケル・ビニジェ(ピストンズ)

まとめます。

こうやって見ると、各国代表には必ずNBA選手がいますね。特に多いのは、スペイン。前回もそうでしたが、アメリカの決勝の相手はスペインになるのかどうか、楽しみです。アメリカは、レブロンやクリス・ポール、カリーなどが出場辞退して、いろいろ言われいますが、今までにないバランスの良いチームだと言われています。ある人は、今までのなかのドリームチームのなかでも、頭一つ出ているのでは?とまで言ってます。

そう考えると、ぜひ、初戦からすべての試合を見てみたいですね。次回の東京五輪では、日本代表が開催国として出場できます。その時までには、一人でも良いので、NBA入りをしていてもらいたいですね。

以上、リオ五輪男子バスケのアメリカのメンバーや、各国のNBA選手のまとめでした。

バスケに関するほかの情報

[clink url="nba-1"] [clink url="b-league-4780"] [clink url="b2-56102"] [clink url="tokyoolympics-basketball-42623"]

スポンサーリンク